福岡の糸島の小さなトリミングサロン ダンドゥビ

彼岸花がお店の裏に咲いてました!

お彼岸ですね〜( ´ ▽ ` )ノ

福岡は今日は雨です。雨は好きです。生き物たちに潤いと元気をくれるものですし。空気が澄んで気持ちいいからです。

さて。今朝はワンコのセカンドオピニオンについて考える事がありましたので、シェアします。

動物病院の先生方には、日頃から大変お世話になっていますし、トリマーと獣医師様とはとても密接な関係があると思います。

今日は、私の恩師のワンコちゃんが、ある動物病院へ行って処方された薬を飲んで更に体調が悪くなり不安になり、私へ連絡をもらい、わたしのかかりつけの西原獣医師様へご案内したお話をしたいと思います。

長文になりそうな予感。。。

飼い主さんから聞いた話では、診断名はフィラリア症との事。手術か、飲み薬か、そのまま経過をみるか?の三択だったそうです。血液検査ではミクロフィラリアを2匹目視。
ワンコは柴犬で譲り受けた時にフィラリアの事は全く知らずに今まで育ててきたとの事。

飼い主さんは飲み薬を選択。処方された薬は一般的なフィラリア予防薬をなぜか?短期間に4回飲ませるというもの。副作用の為の心臓のお薬と抗生物質も処方されていました。

フィラリア予防薬を4回も続けて飲ませる???飲み始めて3回目でフラフラになり、ご飯も全く受け付けなくなり体重が2キロ減少。散歩にも行けなくなったそうで、そこで私に連絡がありました。

今朝、西原先生の所にご家族と一緒に行き、西原先生にて、心臓のエコー検査で、フィラリア症ではない事がわかりました。確かにミクロフィラリアはいるだろうが、心配ないレベルで、これからきちんとフィラリアの予防薬を月に一度普通に処方され、ふらつきと食欲不振は他に原因がありそうだ。と。

美味しい手作りのご飯を西原先生からご指導してもらって、飼い主さんも一安心。このまま食欲が戻ればいいし、戻らなければ他の病気が考えられるので検査のやり直しで、正確な病気がわかればいいのですが。。。

来週まで様子を見ます。

この、様子を見ましょう。って

よく聞きませんか?様子を見るってみなさんどの位ですか?

西原先生によると1週間だそうです。

だから、カイカイしてる子にかゆみ止め塗って1週間経っても治らないのはその薬が合ってないということです。薬を変えてみましょう。(笑)

食欲が1週間もどらないのは異常です。

1週間経っても病状が改善されないときはかかりつけの獣医さんにハッキリ効果がない事を飼い主さんが伝えるべきです!

ワンコちゃんの為に私は言いたいです‼︎

後は獣医さんにキチンと経過を見せる事も飼い主の責任です。

1度病院で診察を受けたら治ってる治っていないに関わらず1週間に一度は見せに行きましょう。

この薬がどんな子にどんなタイミングでどの位で治るのか?はたまた効果があるのか?ないのか?獣医さんも知りたいはずです。

日々新しい薬がワンコの間でも使われたりしていますが、先生達も初めての薬なんですよね。

西原先生の素晴らしいところはいつまでも探究心と好奇心と努力と勇気をもって診察、手術をして下さる所です。

私は西原獣医師はワンコ版ブラックジャックだといつも話してます!
ヘルニアで後ろ足が動かなくなった子の為に休憩時間に、車椅子を作っている先生や、近所の川土手の草刈りをされている姿をよく見かけます。その度に他者奉仕の精神を強く感じて私も誰かの役に立ちたいとそう思えるのです。

とてつもなく長い文章になってしまいσ(^_^;)
申し訳ありません。
最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。

良い先生にみなさんが巡り会えますように💗

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で